バッグのお手入れ方法




合皮のお手入れ方法

合皮は本革と比べて水や汚れに強く、扱いが簡単でお手入れが不要なのが特徴です。

保管の際は、風通しの良い高温多湿ではない場所に置いていただくことをお勧めいたします。

汚れが付着した際は、軽く水にぬらしたティッシュ等でさっと拭いて、その後乾燥させてください。

落ちにくい汚れがついてしまった場合は革・合皮用の汚れ落としクリームのご使用をお勧めします。

家庭用の中性洗剤を使っても汚れを落とせることがあります。

中性洗剤を水で薄めた液を作り、水で濡らしてかたく絞った布や綿棒を合皮の素材全体を優しく擦ります。

使用後は、水分を十分に拭いて乾燥させてください。

まずは小さな面積から始め、色落ち等が発生しないかご確認ください。

通常の汚れでしたらこの方法で簡単に落とすことができますが、オイル系の汚れ・ボールペンのインク・デニムや
洋服の染料が移った汚れは合皮の素材の奥までしみ込んでいるので落とすことが比較的難しいです。

また、シンナー等の揮発性有機溶剤を使用して掃除をすると、合皮表面の劣化や変質を招くことがあるのでお控えください。

合皮は水に強い素材ですが、丸洗い素材の劣化やカビを招くことがあるのでお控えください。



レザーのお手入れ方法

特に普段のお手入れの必要はありませんが、通気が良く、高温多湿ではない場所で保管してください。

汚れが付着した際は、革・合皮用の汚れ落としクリームをお勧めします。

スエード等の毛羽立ちのある革、床革に関してはクリームやオイルはしみ込んでしまいますので、
汚れ防止として事前に防水スプレーをお使いいただくと美しく使える時期が長くなります。

色落ちや硬化の原因となりますので、ベンジン類のご使用は避けてください。



特殊な汚れが付着した際は、専門のクリーニングにお問い合わせ頂くことをお勧めいたします。

フランス、パリのレディースバッグブランド
Vimoda(ヴィモーダ)の通販