素材へのこだわり

Vimoda(ヴィモーダ)はフランスの革・合皮製品の市場において、専門知識と絶え間ない技術革新による技術力の高さで定評があります。

使用している合皮素材は、見分けをつけるのが難しいほど本革に限りなく近い風合い・質感です。

パイソン型押し生地は、表面にリアルな凹凸があり、更に深みのある質感を再現する為、立体的なカラーリングを施し、高級感のある素材感を実現しています。
薄くて、軽い上に丈夫で傷が付きにくく、万が一ついてしまっても表面に凹凸があるので、傷が大変目立ちにくい仕様です。

無地の生地は、程よい厚みがありしっかりとした強い素材です。表面に本革に見られるかすかな凹凸を施し、深みのある仕上がりです。

どちらの素材も本革のように手になじむ、しっとり感と柔らかさがあります。

また合皮は水や汗、汚れにも強く、お手入れが簡単です。染料の定着性に関しては、本革より合皮のほうが優れているので、
色移りや、水にぬれた際の色むらなどの心配もなく、梅雨時でもお気軽に使って頂ける素材です。

特に普段のお手入れの必要はありませんが、汚れが付着した際は、軽く水にぬらしたティッシュ等でさっと拭いて、その後乾燥させてください。

Vimodaの誇る高い質感を是非、体験してみてください。

フランス、パリのレディースバッグブランド
Vimoda(ヴィモーダ)の通販